インプラント治療

※現在インプラント治療の設備の準備中となります。

当院のインプラント治療の特徴

CT撮影で正確に診断

正確な診断にはCT撮影が不可欠です。当院ではCT撮影を実施し、骨の状態を三次元的に詳しく確認します。CT撮影により、肉眼や通常のレントゲン写真では見落としてしまう部分まで正確に診断できるため、インプラント手術の安全性が高まります。

サージカルガイドで確実な治療

インプラント手術では、サージカルガイドを使用します。サージカルガイドは、マウスピースのような形状であり、インプラント体を適切な角度と位置に埋める位置を示すガイドです。手術時にサージカルガイドを使用することで、手術の正確性を確保し、インプラントの位置や角度を確実に制御できます。

治療前のカウンセリングとアフターフォローの充実

当院では、インプラント治療の前後におけるカウンセリングとアフターフォローに力を入れております。インプラント手術が終わった後でも、噛み合わせが正常に機能しているかなどのチェックが必要です。
定期的なチェックや調整を行い、インプラントの状態を確認し続けることで、残っている歯の寿命を延ばすことができます。

インプラントで歯を失う連鎖をストップさせる

インプラントは、歯を失った場合における連鎖的な歯の喪失を防ぐための治療法です。1本から数本の歯を失った場合の一般的な治療法としては、インプラント、部分入れ歯、ブリッジが挙げられます。
部分入れ歯やブリッジは、歯の周囲の歯に支えられて安定性を得る治療法であり、低コストで行うことができます。しかし、周囲の歯に負担がかかるため、連鎖的に歯を失うことになりかねません。
部分入れ歯やブリッジを使用して一時的に審美性と機能性を回復できたとしても、数年後には支えている歯が損傷し、その後も次々と歯を失っていく可能性があります。このような連鎖的な歯の喪失を防ぐために、インプラントが有効です。インプラントは、顎の骨に埋め込むことで1本ずつ独立します。周囲の歯に負担をかけずに自立しているため、口の健康寿命を延ばすことにつながります。

インプラントはメインテナンスが欠かせません

インプラント治療においては、メインテナンスの重要性が非常に高いと言えます。定期的なメインテナンスにより、以下の点をチェックしていきます。

  • むし歯や歯周病の有無……口腔内の健康状態を評価し、早期に虫歯や歯周病の発見・治療を行います。
  • インプラントとの適合性……インプラントの周囲組織との適合状態を確認し、問題があれば適切な対処を行います。
  • インプラント周囲炎の有無……インプラント周囲炎はインプラントの脱落の主な要因となるため、その有無をチェックし、必要に応じて適切な処置を行います。

定期的なメインテナンスでは、プロフェッショナルによるクリーニングやセルフケアの指導も行います。これにより、口腔内の清潔さを保ち、インプラントの寿命を延ばすことができます。
インプラントによる健康効果を維持するためにも、定期的にメンテナンスにご来院ください。

TOPへ戻るTOPへ戻る
TEL:054₋625₋8212TEL:054₋625₋8212 24時間WEB予約24時間WEB予約